膝の負担を軽減する方法|男性でも症状が現れる更年期障害|体の不調改善法
婦人

男性でも症状が現れる更年期障害|体の不調改善法

膝の負担を軽減する方法

膝

膝の運動の効果

階段の上り下りがつらい、正座ができない、通常の歩行で針で刺されたような痛みやズキズキするような膝の痛みは日常の生活の中で大きなストレスを与えるものである。膝の痛みは要因として色々考えられるが、3つの大きな要因がある。1つ目は膝関節が変形している場合、2つ目は膝の組織が損傷している場合、3つ目が膝関節に炎症を起こしている場合である。これらの要因から発生する膝の痛みは筋肉の衰えから起こることが多いため、太ももの前側の筋肉や大腿四頭筋を鍛えることで予防や改善することができる。日常の生活の中で筋力を鍛えるために、自宅での簡単なトレーニングが効果をあげる。例として、足を肩幅ほど開いて壁に向かって立ち、肘がわずかに曲がるように手のひらを壁に付けて体を支えながら膝を曲げるスクワットをしたり、重りを使用し膝の上げ下げを行うスクワットを繰り返すなどが筋力を鍛えるのに効果がある。また、膝の痛みを軽くするために運動不足を解消したり、冷やさないことも大切となる。

運動と健康補助食品の効果

膝の痛みが激しい際の注意すべき点としては、日常の運動はとても大切であるが、体重をかけた運動は膝に大きな負担をかけてしまう。関節の間にある軟骨がすり減ることで痛みが発生しているにも関わらず、さらに悪化させてしまうこともあるので過度に体重をかけすぎないように注意するべきである。また、冷えたり雨が降ると膝の痛みがでる場合には温めると効果がある。炎症が起きて、膝に温かみが起きているときには逆効果になることもあるので注意が必要である。膝の痛みを軽減・解消する効果があるとされている主なものに、グルコサミン・コラーゲン・ヒアルロ酸がある。サプリメントで手軽に摂取でき、軽度の膝の痛みや初期・中期の変形性膝関節症に対して一定の効果が認められている。しかし、重度の変形が進んだ膝関節症や長年の慢性痛には効果が薄く、薬に比べ時間がかかる傾向がある。健康補助食品であるサプリメントを活用しながら、適度な運動をバランスよくすることで膝の負担は軽減できる。